【鉄道好き必見!】インドネシアの列車を解説

こんにちは!東南アジアを中心に海外体験レポートを書いています、Kunyです!
今回はインドネシアの鉄道とコンセント事情をご紹介します!

(↓約3分の動画で車内を紹介しています!)

インドネシアの鉄道と言えば、列車の上に溢れるように人々が乗っている・・・
そんなイメージを私は持っていました。

しかし、実際乗ってみると、座席も広くとても快適!

 

東南アジアの旅ではバスやバンなどに乗る際、
ぎゅうぎゅう詰めに客が車内に乗り込んで・・・

 

 

時刻表もなく定員になったら出発!
というシステムが多かったので、久しぶりに乗った
日本と大きな違いのない快適な鉄道に感動しました。

 


動画内でコンセント事情を説明しています。
改めて整理するとインドネシアではCタイプのコンセントが使われています。

 

????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????

インドネシアの電圧は日本よりも高い220(ボルト)です。

 

日本の電気製品を使うには変圧器が必要になりますが、
220Vに対応している製品もあるので、
説明書などで対応電圧を確認するのがおすすめです。

 

 


次回も、引き続きインドネシアの車窓から・・・ごはん?
をお伝えします!


スポンサーリンク:




おすすめの記事