ペグもロープも使わずに立てるタープ、森で見つけた木やツタのみ利用する。

2020年11月25日、この時期の北海道にしては気温にも恵まれ外遊びへ行きました。

Kunyは自分の森の開拓をしつつ、仲間とキャンプ場ではできないアウトドアを楽しんでいます^^

車中泊仕様に改造したミニバンに乗って3人で森へ行ってきました。

今回は、木やツタのみで立てたタープを紹介します!

カーン!とした11月の森、最高気温7.9度。

森で作業をしているとジャケットを脱いでも寒くない、森遊び日和。

タープのポールになるまっすぐの木を探して、先端をナイフで尖らせます。

長さは180cmでカット、鉈(ナタ)を何度も振ってカットします。

キャンプ場ではなく、個人所有のほぼ手付かずの森。

タープを張る場所を決めるために、木と木の間隔を見て足元の藪の刈り取りをします。

チェーンソーは危ないので取り扱いに慣れているKunyが使います。

タープの端が地面へ向かう確度を決めて、木に固定すべきか、ペグ固定すべきかをデザインするのも楽しいですね。

タープのトップを木に固定します。

ここでは、森で見つけたツタをロープ代わりに使いました。

長さがあって、水分を含むツタはロープのように丈夫でしなります。

乾いてしまうと折れてしまいますが、生のツタなら縛ることができます!

ただ、もやい結びなどはせず、シンプルな縛り方で。

タープのポールとなる木を立てる位置を決めます。

張力をかけるために、ポールの足は少し内側にしましょう。

ナイフで削ったポール用の木の先端。

ハトメ穴は小さいので、帯の部分を利用しました。

木で作った20cmほどのペグを打ち込み、ツタを結びます。

自然の中で現地調達。男前ペグ&ロープが出来ました。

ポールの確度とツタの張りがバランスして、タープがピンと張っています。

キャンプ道具のペグやロープを使わず、森と調和するタープの完成!

よし!休憩場所ができたので、森の開拓や野営メシを楽しもうと思います!

おすすめの記事