【一瞬で取外し可能】iPhoneを車のダッシュボードに装着するアイディア!

こんにちは!Kunyです。
どんなビジネスでも、なくてはならないアイテムの一つがスマホ。


言わずもがな、日常生活で欠くことのできない必需品ですよね。
そこで今回は、iPhoneに関するちょっとしたアイディアを形にしたのでご紹介します!

 


私は、仕事で車を運転する機会が多いのですが、
みなさんは、車に車載ナビを付けていますか?

それともスマホのナビを利用していますか?

私は、スマホを利用しておりますが、ナビの利用や情報をいち早くキャッチするために
社用車のダッシュボードにiPhoneを一瞬で固定する工夫をしてみました。

まずは百聞は一見にしかず、
30秒ほどの動画をご覧ください!

 

ベースとなっているキットは

株式会社オウルテック製のスマホホルダー6 EC-146。
カー用品店で1,274円でした。
ec146main1000x

 

マグネットが付いたベースに薄い鉄の板が付いた
スマホホルダーを固定する製品です。

 

どのようにiPhoneを固定するのかというと、
大きなクリップのようなスマホホルダーが
バネの力でスマホを挟みこんで固定する構造です。

様々なスマホに対応するために
スマホホルダーが可動式になっているのですが、
iPhoneの脱着が少し面倒だと感じました。

 

 

一回一回、iPhoneをホルダーに挟めたり、
引き離したりしなければなりませんからね。

 

そこで、私は使いやすく加工することにしました。

スポンサーリンク:




 

まずは分解、次にスマホホルダーをのこぎりで切って、
鉄のプレートとその周辺部分を切り取り、
iPhoneカバーに直接接着しました。

11124221_920599377999029_355073348_n

 

・・・カメラみたいな外見ですよね^^

 

 

この加工のおかげで、スマホの脱着が容易にできるようになりました。

 

スマホホルダー6 EC-146の優れているポイントはこの円形のプレート

 

縦でも横でも自由に固定できる為の形状ですが、
この特徴を損なうことなくもっと使用感を高めれたと思います。

 

視界も妨げられない場所にマウントしたので安全性に支障がない上、
ナビや音楽再生を利用しやすくなりました。

 

さらに、重要なメールやニュースを見逃さないで済みます

 

 

もし、まだ商品化されていなければカー用品メーカーさんに
カバー一体型のスマホホルダーを開発してもらいたいですね。


‐あとがき‐

 

この記事を書いた後に・・・開発してもらえたのでしょうか。(笑)

私が自作したスマホホルダーとすごく似ているものが売られていました。

こちらも便利なハズなので、バナーを貼っておきます!
<スマホホルダーのリンク先ページが無くなりました。>
スポンサーリンク:




 

 

おすすめの記事