【インドネシア】外国人用価格は現地価格の何倍か?

こんにちは!アジアを軸に海外体験レポートを書いています、Kunyです!

 

 


今回私が伝えたいことは「現地の相場を確認する大切さ」です。
↓4分30秒でメインストリートをレポートしている動画をお楽しみください^^

 

私はASEAN加盟国を旅して来ましたが、
殆どすべての国に「ダブルプライス」(二重価格)が事実上存在します。

つまり、現地の人用価格と相場を知らない外国人用価格は一様ではないのです。
今回訪れたインドネシア、ジャカルタで知り合ったアントンという男性は
「外国人には3倍の価格を提示する」と言っていました。

インドネシアに着いてすぐ、タクシーの価格や飲み物は2倍前後の外国人用価格と予測していました。
(動画内で私はこれを"ぼったくり係数"と呼んでいます)

しかし、値段が示されていない露店や路上のレストランでは3倍の値段を提示されても不思議ではありませんね。
動画で紹介されている「サテ」というインドネシアBBQも一本あたり20円

物価が安い東南アジアで、相場のわからない外国人客は騙される対象になりやすいのは事実です。
明らかに法外な金額を請求されないように、現地の相場を必ず確認するようにしましょう!

もしも、法外な金額を払ってしまったら次に訪れる日本人、その他の国の人々も
同じような被害に会うことになります。

 

最悪の場合、金額交渉からケンカなど大きなトラブルになる可能性もあります。
ですので、現地の相場からかけ離れない価格帯で旅行をお楽しみください!

 

 


次回はインドネシア政府省庁前でのデモ(?!)の様子をお伝えします!

スポンサーリンク:




おすすめの記事