8. プエルトガレラ-フィリピンの楽園で台風直撃、足止めくらう

9月12日、ダイバーの聖地プエルトガレラへ到着

切り立った山と美しい海岸を貫く一本の通り。
そこに店やバー、レストランが並ぶプエルトガレラの町は続いています。

ここはダイバーの聖地、そしてヨーロッパ系の人々が開拓した街並みには、
たくさんのヨーロッパ・北米の人々が生活しています。

2014年6月14日放送「こんなところに日本人!」(テレビ朝日)
というテレビ番組で見たモルテル琴さんに会いに行く!

琴さんは10年近くプエルトガレラでOrient Pearl Resort というホテルを経営されている、
いつも笑顔が眩しくとても暖かい方。

琴さんはフィリピン人の御主人のご実家の近くでホテルを営み旅人を迎え入れ、
御主人は琴さんのご実家で働いているという国をまたいだ別居生活。

美しい海にほれ込み、フィリピンでホテル経営に情熱を注いでいます。

 

fc2blog_20141027071654b81

琴さんこだわりの料理

久しぶりに食べた和食、最高でした。
カツ丼、照り焼きチキン丼、親子丼・・・

フィリピンでは調達が難しい日本のマヨネーズや七味
などの調味料を日本から取り寄せて使用しています。

 

fc2blog_201410270719279f5

ビリヤードそしてまたビリヤード

Negrosにいた頃ビリヤードにハマりだした私たちは本当にビギナーでした。

しかし、ビリヤード場を見つけるたびに立ち寄り腕をメキメキと上げてきました。
そして、ここOrient Pearl Resortのロビーでは他のお客さんの迷惑にならない限り、
自由にビリヤード台を使うことができるのです!

この日は気が付けば一日中ビリヤードをしていました。

 

fc2blog_20141027071851f02

親子丼…ではなくカツ丼
カツ丼は426円、大好きな冷奴は189円。

フィリピンで日本と同じかさらにリーズナブルな値段でおいしい食事を提供しています。
冷奴に添えてあるのはカラマンシー(カボス)です、酸味があって豆腐にぴったり!
上に乗っている鰹節も日本から取り寄せています。

 

fc2blog_20141027071802f9d

プールで暴れる

私はプールで1時間も暴れる程若くないはずなのですが、
やってしまいました。「どこまで水しぶきを高くあげれるか競争」

 

着水時の体と水面の面積と、水しぶきの高さは比例するのではと考えた私は、
無茶な体勢でエクストリームな飛び込みを繰り返したので、

脇腹と首を痛め、2日ほど右を向けなくなりました。

※スイムウェアを無くしたので、穿いているいるのはショートパンツです

 

fc2blog_201410270717335cd

プエルトガレラからバイクで15分のサバン
衝撃的な街並みでした。

すでにあたりは暗かったのでお見せできないのが残念ですが、
まさにヨーロッパと南国が融合した海沿いの町、サバン。

 

地中海と南国のリゾートの美しさを併せ持つ建造物、
ピザやハンバーガー、チキンのレストランが並び、
カラフルなネオンや看板、音楽で客を招きいれます。

アジア系観光客がここまで少ない観光地はフィリピンで大変珍しいという印象を持ちました。
海沿いのレストラン、そこで食べたディナーはパイナップルチキンライス。
値段もアジア離れした912円。

動画で紹介している通りですが、台風マリオが直撃。

 

この楽園には一泊の予定でしたが、4日間お世話になることになりました。

 

そのうち2日間は完璧に足止め状態、その間、琴さんは港に連絡をとって
何度も船の出港を確認してくれていました。

 

台風が接近し、次の目的地へ向かう船がストップしました、
台風の名前はマリオ。巨大化すればスーパーマリオになるのでしょうか。

 

延長で宿泊する中、大変素敵な出会いに恵まれました。
毎日3時にコーヒーを楽しみに通う植田さん、
宿泊されていたゼネコンの社長さんたちにずいぶんお世話になりました。

 


面白いエピソード

 

フィリピンでは、当然視されているメカニズムが機能しない場合があります。

 

例えば、規模の経済性という資本主義を構築する基本原理の一つ。
余談ですがフィリピンはアジアで資本主義が導入された初めての国家。

 

生産活動と購買活動という面でちょっと違いがありますが、
原理の解釈を拡大して考えてくださいね(笑)

 

普通、アイスクリームもセール中の洋服も、通販も、
車の原料の鉄もまとめて買ったほうが1個あたり安くなりますよね。

 

供給量が増えれば1個当たりの価格は低くなります。
パッケージや運輸、販売コストも下がります。

 

でも、フィリピンではばら売りの方が安いことがあります。
しかし、プエルトガレラのスーパーではタバコを買う時に、
まとめて1カートン買ったほうが安くなるという当然のメカニズムが働いていることに驚きました!

 


プエルトガレラで出会った方々に感謝を込めて

 

普段なら寝る時間まで、琴さんとフィリピンと日本の社会、政治や宗教についてお話しできました。

テレビでの取材についても面白いお話を聞かせて頂きました。

 

お世話になった宿泊客の社長さんから、お得意の手料理、カレーライスやチャーシューを御馳走になり、
高価なウイスキーもいただきました。ためになるお話、ありがとうございました!

 

植田さんはそこに永住している琴さん以外で唯一の日本人、
琴さんのお友達で「毎日が問題解決」とおっしゃっていて、

フィリピンの生活をより快適にするために工夫を凝らしています。

 

 

プエルトガレラで出会った方々、再びお会いする日までお元気でいてください!

 

さてさて、次回はいよいよコージとわかれそれぞれの目的地へ。
【フィリピン現地調査】
(↑クリックでジャンプします)

スポンサーリンク:




おすすめの記事